ワイヤークラフトを通して、今、この時間を楽しんでもらう
ワイヤークラフトchan「太刀川由美子」

職人ギルド、今回インタビューさせていただいたのは、ワイヤークラフトをやっている太刀川由美子さん。

針金の線の細さと作品の繊細さに一目惚れして、たまたま遊びに行ったイベントで「インタビューさせてほしい!」とお願いしてしまいました。

作品作りに対するお話を聞いて、ますます納得。

そんな由美子さんのこだわりに触れてみてください。

 

イベント企画が大変だったから始めたワイヤークラフト
でも最初は全然興味がありませんでした

ワイヤークラフトを始めたきっかけを質問したら、驚きの答えが返ってきました。

「最初はワイヤークラフトには全然興味がなかったんです。」

えーーーっ!!

あんなに素敵な作品を作っているのにという驚きがありました。

「以前、建築の仕事をしていたんですけど、そのときに家を建てたりリフォームしてくれた方を対象に木工教室とかフラワーアレンジメントなどの体験イベントを企画するようになったんです。

そのときは外部講師の先生にお願いしていたんですけど、通常の仕事とイベントの集客で仕事が増えちゃって。

講師をお願いしているのに来てくれる人が集まらない日もあったりして・・・

『少し負担だな』って思い始めたとき、ふと思ったんです。

『だったら自分たちが何かを習得して、先生になった方がいいんじゃない?自分たちが先生だったら、生徒さんが集まらなかったときに中止にもできるし』っていうことにね。」

 

▲ワイヤークラフトchan 太刀川由美子さん。ワイヤークラフトを教えながら様々なイベントに出店するなど、積極的に活動されています。

 

「たまたまその頃、同じように県外の建築屋さんで奥様がワイヤークラフト教室をやっている方がいらしたんです。

実はそのときには全然魅力を感じていなかったんですよね。

『針金かぁ』くらいの感じでした。

ですが、その奥様がワイヤークラフト協会の先生を紹介してくれて『その先生のところに行ってみたら?』と言われてワイヤークラフトをやってみたのが始まりです。」

 

「紹介してもらった先生がすごく素敵な女性で、『この人から学びたい』って思ってワイヤークラフトを始めました。

その先生はすごく人情味溢れる人で、一緒に作品を作っている時間がとても楽しかったんです。

年に2〜3回というとてもゆっくりなペースで、ワイヤークラフトの教室に通っていたんですが、通うたびにその先生やワイヤークラフトに惹かれていったんです。

ラジオペンチを握った回数が増えるほど自分が思ったものを表現できるようになったし、1本のワイヤーが形になっていくことがおもしろいと感じていました。

そして今では建築の仕事も辞めて、昨年秋にワイヤークラフトchanとして事業を始めました。」

 

 

非日常を感じられる環境を。
あとから作品をみても、その楽しさを思い出される空間を提供したい

「普段はワイヤークラフトの制作・販売と、ワイヤークラフトのレッスンをやっています。

レッスンでは、作品が完成したときの生徒さんのにっこり笑顔を見ると嬉しくなっちゃいますね。

他にも、おうちレッスンでは『ここにいると居心地が良すぎて、日常に帰りたくない』って言ってくれる人もいます。

こんなことを言ってもらうと、もっと楽しんでもらえるようにって思いますね。

お越しいただいた方に、今のこの時間を楽しんでいただく。

作品を持ち帰って、自分の家でそれを見たときに楽しかった時間を思い出してもらう。

作品が楽しかった時間を物語ってくれると思うので、そういうものだったり、環境だったりを作っていきたいです。」

 

 

「委託販売もやっています。

今は長岡で2軒。

多いときは5店舗くらいやっていましたが、いろいろ大変だったので減らしてしまいました。

長岡で私の作品を置いてもらっているお店は、花いちもんめさんとカフェ&ギャラリー千花さんです。」

ワイヤークラフトは写真を見ても伝わらないものがあります。

興味がある方は、お店で実物を見てみてはいかがでしょうか?

その他にも多数イベントに出店している由美子さん。

9月までのイベントを載せておくので、イベントにも是非参加してみてください。

<イベント情報>

2017.8.26 sat 15:00-16:30
花いちもんめさん
コラボレッスン
長岡市坂之上町

2017.8.27 sun 14:00-19:00
どくんご 旅するマーケット
イベント出店
宮のもり木場城公園

2017.8.30 wed 14:00-15:30
カフェ食堂 サラマンジェさん
コラボレッスン
長岡市美沢

2017.9.6 wed 10:00-12:30
多肉愛好会 レッスン
おうちレッスン chan宅

2017.9.16 sat
蔦屋書店 美沢店
ワークショップ
長岡市四郎丸沖田

2017.9.18 mon 10:00-16:00
蒼紫の森フェスティバル
イベント出店
ダイエーフェニックスプール イベント広場

2017.9.21 22 25 26 27
長岡まちゼミ レッスン
まちなかキャンパス

2017.9.16 – 10.1
栃尾美術館さんで作品展します!!!

 

 

作品を作るときは、いつもお客様のことを想って作ります

「私の作品を気に入ってくれてオーダーをしてくれた人のことは、作品を作っている最中はいつも考えています。

それこそ、その人のことをずーーーっと考えていて、その人のことが好きになっちゃうくらい。

だからこそ、作品ができたときはすぐにでもお渡ししたいと思うし、喜んだ顔を見れたときはすごく嬉しいです。」

と作品作りのときのこだわりを教えていただきました。

オーダーしてくれた人のことを好きになってしまうほど強い想いを込めて作っている作品は、当然のことながら感動してもらえる作品になっているんだと思います。

お店に置いてあるものも可愛いものがたくさんありますが、オーダーしてオリジナルの作品を作ってもらうのもいいと思います。

だって、こんなにも自分のことを思って作ってくれるわけですから。

興味ある方は、メール またはホームページからお問い合わせください。

 

ホームページ 問い合わせフォーム

・メール:atukazuunahana@gmail.com

 

 

 

今までやったことがないことをやってみたい

「今後は、もっといろいろなことをやってみたいですね。

例えば、大きな作品を作ってみたり、全国のイベントに出店してみたり、企業やお店のコーディネートをしてみたり。

その一環としてNIIGATAオフィス・アート・ストリートに申し込んだら、1次審査を通過しました。

2次審査では作品を作って、その作品を飾って、実際に見ることができるようになっています。

9月末から10月末まで、新潟市にある岡三にいがた証券さんのショーウィンドウで飾っていただけることになったので、是非多くの方に見にきてもらいたいです。」

NIIGATAオフィス・アート・ストリートでは、普段作れないくらい大きな作品を作るとのことでした。

どんなものができるか、今から楽しみです。

 

 

「あと、10月、11月と県外のクラフトフェアに参加します。

10月14日、15日は長野県松本市のクラフトピクニック、

11月4日、5日は静岡県御殿場市のごてんばアート・クラフトフェアに参加します。

クラフトフェアにお越しのお客様はワイヤークラフトを知っている人も多いのですが、より多くの人に私の作品を見ていただきたいですね。」

数多くのクラフト作品が並ぶイベントもとても楽しそう。

積極的に行動して、どんどんと夢を形にしている由美子さんはとても魅力的。

この記事をご覧のみなさんも、イベントに参加して、ぜひ彼女の魅力に触れてみてはいかがでしょうか (^ ^)

 

クラフトピクニック

ごてんばアート・クラフトフェア

 

 

「手作りしたものをプレゼントできたのが嬉しかった」
その声を聞けたとき、私も嬉しくなりました

「お世話になった先生に手作りのものを作ってあげたいと、思ってワイヤークラフトを学びに来てくれた方がいました。

お母さんもお子さんもとてもお世話になって・・・

すごく信頼していた先生との別れ。

何か特別なものをお渡ししたいと言う思いから、作品を手作りすることになりました。

後日、『手作りのものを渡せてすごく嬉しかった。先生もとても喜んでいただきました。』って言ってもらったとき、私も嬉しくなりました。」

さすが、「作り手の想いも大切に出来るものづくり」を大切にしている由美子さん。

彼女からワイヤークラフトを通じていろいろ教わるのもきっといい経験になるのでは?

ワイヤークラフトのレッスンもやっているので、興味ある方はお問い合わせください。

・ホームページ 問い合わせ

 

 

「私は細い線の作品が好きなんです。

だから、実用品として使えるものもそんなに多くなくて、お客様に求められていないところもあるのかもしれません。

でも、以前作っていて『めっちゃ可愛い!』と思ったお洋服の作品をSNSにアップしたら、洋服屋さんをやっている友人がイベントに来てくれて、『すっごい可愛いと思って、作品見に来ちゃった』と言って、その作品を買ってくれたんです。

その時は、『自分と同じテンションでキュンキュンしてくれる人っているんだ』って嬉しくて泣けてきました。

その反面、身内からは私の作品はけちょんけちょんに言われちゃうんですけどね。」

確かに実用的ではないかもしれませんが、私なんかは「繊細さがあるからいいなぁ」と思います。

だって、私はイベントで展示されていたギターやバイオリンが気に入って声をかけたんですから。

 

 

 

「以前、バイクも作ったこともあります。

これは男性にはウケがいいんですよね。

でも、実際ワイヤークラフトに興味を持ってくれるのは女性が多いんです。

こういうものもワイヤーで作ることができるので、男性にも興味を持ってもらえると嬉しいです。」

と言って見せてもらったバイク。

今はバイクを持っていませんが、いつかはバイクを持ってツーリングに出かけたいと思っている私。

バイク屋さんとかが興味を持ってくれて、こういうオシャレなものをお店に飾ってくれてもおもしろいかなと思ってしまいました。

 

 

 

ワイヤークラフトというと『chanさんだよね』と言ってもらえることが本当に嬉しい

「私って本当に口下手で、自分の作品を言葉で伝えることがうまくできないんです。

だから、Instagramとかに作品をアップするときも言葉少なめで写真だけになってしまうこともあるんです。

もう少し言葉での説明が必要だとは思ってしまうんですけどね。

でも、頑張って活動していた甲斐があって、長岡でワイヤークラフトというと『chanさんだよね』と言ってもらえることも増えてきました。

こういう声を聞くのって本当に嬉しいです。」

 

 

「その他で苦労する点といえば、たくさん作品が作れないことですね。

すべて手作りなのでまったく同じものは作れないし。

けれど体は一つなので、家のこと、家族のことも大切にしながら、自分が笑顔でいられるよう、好きなワイヤークラフトを仕事に選んだんだからひとつひとつ丁寧に頑張っていこうと思います。」

 

 

「あと、地味なんですけど、好きなワイヤーが新潟県内では手に入りにくいっていうのが難点です。

好きなワイヤーを置いている店は、新潟だと1店舗しかないんです。

だから、個人的に好きなワイヤーだったら販売もやっています。」

好きなものにこだわりがあると、そういうところも問題になってくるんですね。

でも、そういうこだわりがあるからこそ魅力的な作品につながるんだと改めて考えさせてもらいました。

 

 

 

興味が出てきたら、まずはお問い合わせください

「ワイヤークラフトは基本はシンプルなものづくりです。

工具もラジオペンチとニッパーがあれば誰でも作ることができます。

まだまだワイヤークラフトを知らない方が多いので、興味を持った方はレッスンに来てください。

レッスンは私の体が空いていれば、土日であろうと、朝でも夜でも教えますよ。

ホームページでは、『10:00~12:00』と『13:00~15:00』になっていますが、時間を気にせず、一回連絡をもらえればと思います。

実は今、仕事勤めをしている人にも教えています。

その方は会社があるので夕方からのレッスンをしています。」

レッスンの時間を調整してくれるのも嬉しいところ。

まずはイベント等で体験してからになるかもしれませんが、興味を持ったら方がいたら、ホームページに掲載されている時間を気にせず連絡してみてはいかがでしょうか。

 

ホームページ 問い合わせ

・メール:atukazuunahana@gmail.com

 

 

 

「現在、ワイヤークラフト協会に所属しています。

その協会のカリキュラムを使いながら、ワイヤークラフトの講師になりたい人、技術を学びたい人にも教えています。

本当にワイヤー教室を開きたい人はもちろん、技術を学んでいろんな作品を作りたい人にも知ってもらいたいと思っています。

ワイヤークラフトは一見すると難しく感じるかもしれませんが、ちょっとしたコツで作りやすくなります。

そういうコツもレッスンの中で教えていますので、気軽にお問い合わせください。」

私は超絶不器用なので、このようなことはできないんですよねー。

だからこそ興味があります。

まぁ、興味があるから、職人さんを紹介するサイトを立ち上げたんですが・・・

この記事を読んでくださっている方の中で、「ワイヤークラフトっておもしろそう」って思ってくれる人が1人でも増えるといいなぁ(^ ^)

 

 

 

関連リンク

ホームページ

アメブロ(chanブログ)

Facebook(ワイヤークラフトchan)

・メール:atukazuunahana@gmail.com

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

山後マサキ

1980年5月生まれ。新潟県出身。
サラリーマン時代、システムエンジニアとしてシステム導入やサポートのため全国を飛び回る。
現在は「新潟発!地方発!カッコいい自分になろう!」をコンセプトに活動中。